NavyHome

ローコストでカッコいいお家を建てたい

ローコストとはなんぞや?

スカイツリーを見ると田舎民のテンションはぶち上がる。

東京の近くに行くとどうにか見えないものかつい探してしまいます。


そもそもローコスト住宅とは何か?

ブログタイトルにもしていますし
私も散々ローコスト、ローコスト言っていますけども


そもそもローコストってなんなのよ?


なんなんでしょう?
改めて説明しようと思うと難しいので少し調べてみました。


坪単価がいくら という明確な指標はないようですが
一般的に大手有名ハウスメーカーさんの坪単価が70〜80万円

それに比べて

1000万円台のローコスト住宅は坪単価30〜40万円
となるそうです。

安っ(´⊙ω⊙`)
っていうか大手さん高っ


もちろん高いなり、安いなりに理由があるのですが。

うちは資金面でローコスト住宅を選びましたが
ローコスト住宅メーカーさんを選ぶ上で我が家なりの基準、というか考え方がありました。

ローコスト住宅メーカーを選ぶ 我が家なりの基準

1、展示場を持っていない

某地元工務店のセミナーに伺った時
展示場のモデルハウスの維持費が年間1億円
くらいかかるとのお話を聞きました。
1年1億円ってすごくないですか!?
その費用が私たちのお家の金額に乗ってくるわけですね。
嫌ー_(:3 」∠)_

私たちが見学させていただいた地元工務店さんはみなさん住宅街にモデルハウスを作り
2、3年使ったらそのまま売却するというスタイルでした。
その方が無駄がなくていいのではないかなあと思います。

それに実際に住む家になるので、設備や間取りが現実的で参考になりました。


2、従業員の数

人件費削減ですね。

顕著だったのが様々なメーカーの建売が並ぶ住宅地に見学に行った時でした。
見たいローコストメーカーさんの建売には営業さんがいません。中を見たければ電話ください、みたいになっています。

一方同じ住宅地内にあるDワハウスさんの建売の前には営業さんらしき方が5人もいて
みなさん一様にこちらを凝視してくるではありませんか((((;゚Д゚)))))))
怖いです、怖いです、我が家では買えません…

でもどちらが親切かといえばDワハウスさんの方ですよね。


また他のローコストの工務店さんですが
気になった土地があり電話したところ
事務の方が出られて

「んー、申し訳ない!!今営業誰もいない!」

って勢いよく言われました。
申し訳ございません、じゃなく申し訳ない!って言われて
しかもその言い方がおもしろすぎて笑いを堪えるのに必死でした。

ちなみにそのあと折り返し電話が来て、帰って来たばかりの営業さんが汗だくになりながら駆けつけてくださいました(*^ω^*)


人数が少ないことで、やはり至れり尽くせりの対応は難しいのかなと思います。
でも私たちは別にそこまでの対応は求めませんし
その分お家が安く建つならいいかなという考えです。
建てる前にちやほやされても建ててからの方が大事ですからね。


3、自社で土地を持っている

これは地元工務店さんの強みですね。

普通不動産屋さんを介して土地を取得すると
仲介手数料がかかります。

土地代×3%+6万円+消費税
が相場だそうです。

仮に土地が1000万円だとすると消費税8%で64万8千円。(計算あってる?)
結構取られますねー(^^;

これは上限になるみたいで、ここから交渉次第で安くしてもらえたりするようですが

工務店で持っている土地であれば直接売買ができるのでそもそも仲介手数料が発生しないのです。
土地から探している私たちにはぴったり(*゚∀゚*)


また、ある地元工務店さんでは自社で持っている土地ならもし地盤改良が出てもその費用も持ってくれるとのことでした。なんて魅力的!




ローコスト住宅というと
キッチン、お風呂などのグレードが低いとか
断熱性などの機能が低いというデメリットが挙げられますが
なるべく家の機能を落とさず
それ以外の面でコストダウンを図っているようなメーカーさん、工務店さんを私たちなりに探したつもりです。



また、この間主人が
今主人の職場の方が大手ハウスメーカーさんでお家を建築中で
この間お家の部品を作る工場見学に招待され豪華なお弁当も出た
という話を聞いたと言っていました。

そしてボソッと
「俺別に工場見学とか豪華な弁当とかいらないからその分家を安くしてほしいわ。」
と言っていて、私もたしかになと思いました。

夫婦で価値観が似ていてなによりだなと思います。


なんだか今回はとりとめのない話になってしまいました。
そろそろ具体的な話を書いていきたいなと思いつつ
またグダグダ何か書くかもしれませんが
お時間許します方がいらっしゃいましたらお付き合いくだされば幸いです。